このブログでは日常の教育活動を紹介したり、様々な情報(臨時休校、時差登校、行事の延期等)をお知らせしたりしていきます。

2018年10月15日月曜日

1年生 犬とのふれあい体験


10月11日(木)の5校時に、1年生が犬とのふれあい体験を行いました。

まず、動物病院の先生とボランティアの方々にご指導いただきながら、犬との正しいふれあい方を学びました。店の前で飼い主を待っている犬や、門番をしている犬に話しかけたり触ったりしてはいけないことを知りました。また、飼い主と離れている犬と出合った時には、「木」になってじっと待ち、そっと立ち去ることを知り、みんなで実践しました。

次に、お待ちかねのふれあい体験です。子供たちは8グループに分かれ、学んだことを生かし、挨拶をしたり、撫でたり、餌をあげたりしながら、ゆっくりと犬たちとふれあうことができました。

子供たちは、まとめのカードに「毛がふわふわして、とてもかわいかったよ。」「人と同じで、心臓の音が聞こえたよ。犬は温かかったよ。」などの感想を書いていました。ご協力いただいたボランティアの皆様、ワンちゃん達、ありがとうございました。




2018年10月14日日曜日

おめでとう!第八小学校

八小の50周年記念式典に向けて、先日、図書ボランティアの方が学校図書館前の掲示板に素敵な展示を作ってくださいました。50周年のお祝いにぴったりの展示です。学校にお越しの際は、ぜひご覧ください。

ちなみに、廊下のこの画像は完成形ではありません。是非ともご来校の際には学校図書館まで足を運んでいただき、完成形と展示物をご覧ください。










吹奏楽団の活躍

平成30年10月14日(日)11時45分から、第二小学校体育館で、本校の吹奏楽団が演奏を披露しました。
光公民館のイベントへの出演で、第八小学校の校歌、「島歌」、「lemon」、「ダンシング・ヒーロー」、最後のアンコールで「恋」を演奏しました。
ここから来週も再来週も出演の機会があり、その後に50周年記念式典開始前のセレモニーとしての演奏まちまた控えています。
出演を重ねることが吹奏楽団員の成長につながることでしょう。どうぞ応援してください!

2018年10月12日金曜日

花壇の整備

 10月2日(火)にグリーンボランティアの方が、体育館前の花壇の草取りをしてくださいました。たくさん草が生えていましたが、作業後すっかりきれいになっていました。暑い中、作業をしてくださりありがとうございました。


2018年10月10日水曜日

3年生 ハケの学習ワークショップ

平成30年10月9日(火)、3,4校時に3年生は「ハケの自然を守る会」の方々に講師として来ていただき、ハケについてワークショップ形式の学習に取り組みました。
季節ごとに違う面を見ることができる自然の不思議さを、年間を通じて学べるのは、八小の教育活動の大きな特色です。


2018年10月6日土曜日

1、2年生 生活科見学

平成30年10月5日(金)、1年生と2年生は生活科見学で多摩動物公園に行きました。
行き帰りは2学年一緒ですが、多摩動物公園に着いてからは別行動で、2年生は昆虫一筋の見学でした。1年生はモルモットとふれ合う体験活動をしてから動物や鳥を見て歩きました。
心配された天気ですが、雨が降り始めたのは、見学を終えて多摩動物公園を出る頃でした。モノレールを泉体育館の駅で降りてから、レインコートを着て学校まで歩きました。
この日の多摩動物公園には、数多くの団体が見学に来ていました。八小の子供たちも疲れたかもしれませんが、多摩動物公園の動物たちも疲れたのではないかと思うくらいでした。
なお、今回の画像は1年生のものばかりなので、2年生のゆかりの方はがっかりされるかもしれません。そこで、2年生はモノレールの中で状況を見極めて勇気をだして席を譲ろうとし たり、入退場時にしっかり挨拶ができたりと、頼もしく行動していたことを、代わりにお知らせしておきます。










2018年10月3日水曜日

2年生の小松菜と台風

平成30年9月30日(日)の夜中から明け方にかけて、台風24号の影響で強い風と雨が吹き荒れました。
2学期になってから、2年生は小松菜の種をまきました。
台風が来る前の28日(金)の時点で、柔らかそうな葉がどんどん出てこれからが楽しみ!という様子でした。
しかし、台風の強い雨で葉がズタズタになったり、風で根からなぎ倒されたりしないかと、いつもお世話になっている吉澤さんが、お孫さん(本校の2年生!)と一緒に夕方来てくださいました。そして、小松菜の根に土をかけておいてくださったおかげで、かなりの小松菜が台風を乗り越えることができました。
倒れたり折れたりした小松菜は、傷ついた心と同じようにそっとそのままにしておく、という吉澤さんの言葉には、重みと説得力がありました。

画像の右側の方が、傷ついた小松菜です。

このあたりは、だいたい無事でした。
 
吉澤さんにいただいたススキと、
長野県人会の方々からいただいたリンドウです。
 

4年生「ブラインドテニス体験」

 4年生が「総合的な学習の時間」に福祉体験の一環として、ブラインドテニス体験を行いました。
授業の前半では、講師の方から①目が見えない中での生活について、②アイメイトの盲導犬について、また、③これから子供たちが視覚障害者の方と出会ったときにどのように行動してほしいか、などのお話を伺いました。

 授業後半は、ブラインドテニスクラブの方々からブラインドテニスの説明を聞き、実際に体験してみました。初めに目がみえる状態で行い、次にアイマスクをして目が見えない状態で行いました。アイマスクをしてテニスをしてみると、思うようにラケットにボールが当たらず、子供たちは苦労している様子でした。

 最後、「目が見えない中、テニスをするのは難しかった」「体験ができて良かったです」などの感想が子供たちから聞かれました。今回学んだことを今後の生活に生かして、困っている人にすすんで声を掛けることのできる子供たちになってほしいと思います。




2018年9月29日土曜日

3年生 スーパーマーケット見学

平成30年9月28日(金)、3年生はスーパーマーケット(コープ)の見学に行きました。
3年1組と2組は、それぞれお店の方々に案内していただきながら店内とバックヤードの見学をしました。メモをとるのに忙しいほど、書きたくなるお話を伺いました。
おもちゃは売らないのですか?と質問した3年生は、スーパーマーケットではおもちゃは売れません、という答えを聞いて、
ちょっとびっくりしていました。教科書に出ていないことを学べるのは、貴重な機会です。
ご協力くださったお店の皆様とありがとうございました。